ニュース

ONO消しゴム業者の名前は?場所どこ?本家パロディー版販売中止

管理人ルー
管理人ルー
ONO消しゴムの業者は確認とったっていってるけど、、、

大手文具メーカーのトンボ鉛筆製造の「MONO消しゴム」のパロディー版「ONO消しゴム」を、兵庫県小野市観光協会が本家に無許可で製造・販売したとして、販売中止の事態になっているようですね。

そもそも小野市観光協会が本家にしっかりと確認を取るのが普通だと思うのですが、なぜこのような事態になってしまったのでしょうか。

今回は、このONO消しゴムの製造を行った業者の名前や場所について調べてみました!

本家の許可なしでパロディー版「ONO消しゴム」販売中止

大手文具メーカー、トンボ鉛筆(東京)が製造する「MONO消しゴム」のパロディー版「ONO消しゴム」を、兵庫県小野市観光協会が同社の許可を得ずに作り、イベントでの販売を止められていたことが、3日までに分かった。MONO消しゴムの青白黒のストライプ柄は2017年、色彩の登録商標として日本で初めて認められている。(笠原次郎)

京都府の寺院仏像などをあしらった消しゴムが人気を得ていたことから、同協会は同様のアイテム作りを検討。「MONO」から1文字を取り「ONO」(小野)とすることを思い付いた。製造を依頼した大阪府内の業者は「『MONO』の字体やケースの色を変えれば問題ない。トンボ鉛筆本社にも確認を取った」などと説明。10月に小野市章や観光名所の写真などを印刷した消しゴム2種類千個が納品された。

神戸新聞社がトンボ鉛筆本社に確認したところ、業者からの許可申請がなかったことが判明。小野市はイベントでの消しゴム販売を中止し、業者は全商品代約13万円を同協会に返金した。

同協会は市の補助金などで運営されており、市観光交流推進課職員3人が兼務。同協会事務局長を務める田中一樹課長(53)は「業者の説明を信用し、トンボ鉛筆から直接許可を得なかったのは詰めが甘かった」と話している。

【画像あり】ONO消しゴム製造の業者の名前は?

ONO消しゴム製造の業者の名前を調べてみましたが、業者の名前は公表されていませんでした。

小野市観光協会が本家に確認を取らなかったのも問題ですが、業者側も本家に確認とった嘘をついているので、どっちもどっちですね、、、。

ONO消しゴム製造の業者の場所はどこ?

ONO消しゴム製造の業者の場所を調べてみましたが、現段階でわかっているのは「大阪府内の業者」というところまで。

なぜ、トンボ鉛筆本社に確認したのに、こんな事態になったのでしょうか。

「MONO」から1文字を取り「ONO」(小野)とすることを思い付いた。製造を依頼した大阪府内の業者は「『MONO』の字体やケースの色を変えれば問題ない。トンボ鉛筆本社にも確認を取った」

確認をとっただけで許可申請を行っていなかったということでしょうか。

もし業者がしっかり確認し、許可申請だけすれば問題なかったという状況であれば、小野市観光協会が業者に任せすぎた部分もあるかもしれませんね。

大阪の業者どこやねん…

ONO消しゴム製造業者の口コミ

なぜ業者はウソついた??
というより、
許諾なしにパロディー商品を
作った業者が問題なのでは??
まず、ONO消しゴムが記事の写真のデザインのもののみであれば、色彩は明らかに別物なので、色彩の商標には抵触しません。業者の説明も、「ケースの色を変えれば問題ない」という部分だけなら正しいといえます。
業者も業者で酷いな

⇒ニッポンノワール考察!黒幕組織NNとは?喫茶店マスターが怪しい?

⇒チート(ドラマ)浪岡ナミオカ正体は誰?風間?黒幕は加茂?桐山?

⇒おっさんずラブ2期スカイは続編じゃない?キスシーン恒例?面白い?

ドラマや映画や映画の動画が無料視聴できる!?

毎月定額で映画やテレビドラマ、アニメなどを見放題で視聴可能な動画配信サービスが人気で注目を集めています。

ただ、種類が多すぎて、「どの動画配信サービスを利用すればいいかわからない!」と思っちゃいますよね。

そこで、おすすめの動画配信サービスを比較し、無料で視聴可能な方法もセットでお伝えしていきます♪