ドラマ

MIU404ミュウ動画7話〜9話の無料視聴方法!久住が衝撃の行動がヤバイ!

2020年6月26日よりTBSテレビ系「金曜ドラマ」で放送スタートしたのがテレビドラマ『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)。

このドラマのキャッチコピーは

「タイムリミットは24時間 誰よりも早く犯人にたどり着け」

で、綾野剛さんと星野源さんが主演を務める刑事ドラマです。

今回は、

  • MIU404(ミュウ)の動画の1話〜最終回までの無料視聴方法
  • MIU404(ミュウ)の見どころ、ネタバレ感想

などをまとめていきます。

※一部、ネタバレを含みますので注意してくださいね!

⇒MIU404ミュウ動画1話〜3話のドラマネタバレ感想

⇒MIU404(ミュウ)4話〜6話のドラマネタバレ感想

ドラマ「MIU404(ミュウ)」第7話〜第9話の動画を見逃したあなたへ!

今回紹介したドラマは「Paravi(パラビ)」を使うことで視聴することが可能です!

Paravi(パラビ)の月額925円(税抜)の見放題ベーシックプランで視聴可能!

このベーシックプランは2週間無料トライアルなので、お試しで無料視聴が可能になります。

配信状況は時期によって変わりますので、見逃し配信で無料視聴できるタイミングを逃さないようにしてくださいね!

>>Paraviの無料トライアルで視聴する方法はこちら

 

本サイトの配信情報は2020年7月10日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはParavi(パラビ)の公式ホームページを確認してくださいね。

ドラマ「MIU404(ミュウ)」第7話のあらすじ

・ドラマ第7話「現在地 休日にまさかの遭遇 指名手配犯を追え!」

トランクルーム内に男性の遺体があると通報があり、初動捜査に駆けつけた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)。

現場で2人が目にしたのは、トランクルームの中で猫砂の山に埋まり、微笑むような穏やかな顔をしている死体。

一見、自殺のように見える状況だが、ただの自殺とは思えない2人は、他のトランクルームの利用者であるジュリ(りょう)と、家出少女のスゥ(原菜乃華)とモア(長見玲亜)の聴取を行うことに。さらに、トランクルームに違法に住んでいる男・倉田(塚本晋也)の証言で、死亡した男についてある事実が分かる。

一方、結婚が決まった長男の両家顔合わせに出席するため会場に向かっていた陣馬(橋本じゅん)は、その道中で偶然にも指名手配犯と遭遇し、急遽後を追うことに…!?

ドラマ「MIU404(ミュウ)」第7話のネタバレ感想

印象に残ったシーン・言葉①『第6話を経て息が合ってきた志摩と伊吹のシーン』

今回は、404チームの志摩と伊吹、401チームの陣馬と九重がそれぞれの場所で一つの事件を追う展開です。

それは、強盗致傷事件の指名手配犯を追うというもの。

 

元々は、トランクルームで亡くなっていた犯人が指名手配犯の一人で、そこから、もう一人の指名手配犯を追うという流れです。

そもそも、息子の婚約相手の親との顔合わせに向かう途中で偶然この指名手配犯を見つけ、そこから404チームも絡むという形でした。

 

志摩と伊吹は、トランクルームの謎の遺体から犯人を追うことになるのですが、第6話で志摩の過去にある意味で決着がついたことで、二人の信頼関係が深まっている様子がそこかしこに感じられます。

 

例えば、伊吹が

「トランクルームに何かを感じる」

「何か気配を感じる」

とまた抽象的なことを志摩に言うのですが、志摩はそれを真っ向から否定はしないんですよね!

 

「珍しく気が合うな。」などと志摩はしっかり憎まれ口も挟みますが、伊吹の意見も受け入れているんです。

また、指名手配犯のもう一人が住んでいたトランクルームで、伊吹が「10年あったら何ができたかな。」と問うシーンも良かったですね!

 

志摩はそれに対してこう答えます。

「プロの料理人、世界中の刑事ドラマを観る…何でもできそうだ。」と。

伊吹は、自分が奥多摩に飛ばされて機捜に配属になるまでが10年だと話し、腐らずにやっていて良かった、と言います。

 

その伊吹の言葉を黙って温かく聞き入る志摩の態度にも変化を感じましたよね!

今回は、こういった何気ない会話ややりとりの中で、志摩が伊吹を認めているんだろうな、信頼しているんだろうな、というシーンがたくさんあってクスッと笑えてしまいましたね!

印象に残ったシーン・言葉②『最後のミニライブ会のシーン』

今回は、ゲストが豪華かつカオスでした(笑)。

弁護士の清瀬十三(ジュリ)役にりょうさん、清瀬がかくまっていた家出人役に塚本晋也監督、通りすがりのデリバリー屋にKing Gnuの井口さん、トランクルームの管理人に赤ペン瀧川さん、とすごい面々でした。

 

指名手配犯を逮捕した志摩と伊吹がトランクルームで亡くなっていたもう一人の指名手配犯が飼っていた猫をどうするか相談します。

また、トランクルームを借りている女子高生の友人同士も今日泊めてくれることを探していて、伊吹がそれを阻止。

 

伊吹は、その女子2人に、性暴力にあったり危ない目に遭うのだ、二人がそうなるのは悲しい、と説得されます。

伊吹と弁護士のジュリの説得がきいて、女子2人は福祉を頼ることにしました。

 

そして猫は家出人の倉田が奥さんが猫好きだから、と引き取ることを決め、猫とともに家に帰ることを決めます。

解決した面々は、ジュリがライブをやりたい、と言いだし、一気にカオスな展開へ(笑)。

 

ただ、これを動画で桔梗隊長に送っていたところ、桔梗隊長宅が盗聴されていることに気づく流れになり、これが次回に繋がる伏線となります。

一見、意味があるシーンなのか、と思いましたが、しっかり繋げてくるところに野木脚本のうまさがあるなあ、と思いますよね!

 

そしてそして!次回は、再び、アンナチュラルコラボ回!ムーミンが大好きな臨床検査技師の坂本さん(飯尾和樹さん)が登場です!

来週が待ち遠しいですね!!

ドラマ「MIU404(ミュウ)」第8話のあらすじ

・ドラマ第8話「君の笑顔 未解決の連続殺人!? 警察官になった理由」

山中で男性の変死体が見つかり、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は現場へ急行する。遺体の特徴的な創傷と残された文字から、未解決の連続猟奇殺人の可能性が浮上し、事件の捜査は一課の管轄となる。捜査会議に参加した伊吹と志摩は、そのまま一課の刑事・刈谷(酒向芳)の手伝いに駆り出される。

刈谷と同行し訪れた不自然死究明研究所、通称「UDIラボ」で、伊吹と志摩は臨床検査技師の坂本(飯尾和樹)と出会う。

その後、今回の事件の捜査資料を盗み見た伊吹は、複数の前科があった被害男性の最初の事件を担当した刑事が恩師の蒲郡(小日向文世)だった事を知る。伊吹と志摩は、蒲郡から得た情報を頼りに犯人を追うが…

ドラマ「MIU404(ミュウ)」第8話のネタバレ感想

印象に残ったシーン・言葉①『アンナチュラルの臨床検査技師・坂本さん登場のシーン』

今回の事件は、八王子で見つかった両手の人差し指、中指、薬指を落とされ、めった刺しにされた遺体が連続猟奇殺人事件の被害者の可能性があり、遺体の解剖をUDI(不自然死究明研究所)で解剖することになります。

もう、この時点でアンナチュラルファンは胸熱なのですが、今回は予告でも言われていた通り、ずんの飯尾和樹さん演じる坂本が登場します。

 

捜査一課の刈谷刑事と同僚刑事をUDIまで送ってきた志摩と伊吹は、メロンパンの販売車と勘違いして近づいてきた坂本に出会います。

坂本がおなじみのムーミンのハンドパペットで登場したところは思わず笑わずにはいられませんでしたよね!!

 

そして、志摩と伊吹の捜査車が止まっていたところはUDIの敷地内!!

以前、西武蔵野署の毛利と向島が登場した時も興奮しましたが、今回はそれ以上!!

 

UDIの敷地と坂本だけの登場かと思ったら、この後、中堂が電話で登場するというサプライズ!!

この一連のシーンは、本当にアンナチュラルファンには堪らないサービスシーンでした。

 

ただ、今回、中堂がそこかしこで絡んでくる理由が非常に悲しい理由であり、今回のMIU404のストーリーの肝となっています。

印象に残ったシーン・言葉②『シークレットゲスト、UDI所長・神倉さんの登場のシーン』

坂本さんと中堂さんの登場だけかと思ったら、シークレットゲストとして、UDIの神倉所長の登場が中盤に隠されていました!!

これには、更に大興奮!!

神倉は、志摩に直接連絡をしてきて、UDIに来てもらうように伝えます。

 

そして、今回の遺体を解剖したのが中堂であること、今回の遺体は以前発見されていた遺体と殺害のされ方が違い、連続殺人事件ではないかもしれないということを志摩と伊吹に伝えます。

この時、神倉が言ったセリフでこんなものがあります。

 

「中堂は、連続殺人事件と聞くと並々ならぬ思いを持ってしまうんですよ。」

 

これはアンナチュラルを観ていたファンは中堂が元恋人を殺害され、解剖をしたことを知っていますから、ちょっと切ない気持ちなりますよね。。。

分駐所に戻り、桔梗に報告した後、陣馬や九重にも報告すると、九重は「キリシタン狩りのようだ。」と言います。

 

かつて、日本で弾圧されたキリスト教徒が受けた拷問の中に、3本指を落とされて獣である、という見せしめをされたものがあった、と。

これを聞いた伊吹の表情が変わります。

実は、このシーンから後半に向けて、ガラッと空気が変わっていくのです。

印象に残ったシーン・言葉③『伊吹と蒲郡のクライマックスのシーン』

発見された遺体が堀内という男性で、以前、小日向文世さん演じる蒲郡が茨城県警の刑事だった時に検挙していたことが分かり、伊吹は再び蒲郡と関わるようになります。

ところが、蒲郡は、病気で認知症になっていると思ってばかりいたら、実は、奥さんと二人で巻き込まれたひき逃げによって、奥さんを亡くした上に高次脳機能障害を患っていることが分かります。

 

志摩と伊吹は、それぞれ、違うアプローチではありますが、信じがたい真実に近づいていきます。

そして、ついに蒲郡が堀内を殺害したという結論に達するのです。

 

伊吹は、最後の最後まで、蒲郡の記憶が曖昧なことにすがろうとしますが、事故当時の記憶を蒲郡はしっかり残していました。

淡々と、堀内の殺害を証言していく蒲郡。。。

この時の小日向さんの鬼気迫る演技にはすごく引き込まれましたね。。。

悲しいシーンなのですが、その目は暗い光しかたたえていなくて観ていて辛くなってきてしまうくらいでした。

 

そして、伊吹の表情は、子どもが駄々をこねるような様子で泣きながら蒲郡を見つめています。

伊吹は蒲郡に話します。

「俺はがまさんがいたから刑事になった。」

「誰でもやり直せるってがまさんが教えてくれたじゃん、俺に!!」

「俺はどこで止められた?いつならがまさん止められた?どうすれば良かった?」

蒲郡はその問いには答えません。

 

そして、連行される時に、志摩に言うのです。

「あの子に、伊吹に伝えてくれ。おまえができることは何もなかった。何もだ。」

子どものように泣きじゃくる伊吹の姿が切なく、また、踏みとどまれなかった蒲郡の姿に胸が痛いシーンです。。。

 

今回、中堂にフォーカスが当たった理由がここにあります。

中堂もまた一線を越えようとして、UDIのメンバーのおかげで踏みとどまったからです。

 

蒲郡にはそういう存在がおらず、伊吹もまたそういう存在になれなかった切なさ。。。

誰に出会い、誰に出会わないかで運命は変わる。。。

そんな棘のような痛みが伴う話でしたね。。。

ただ、ラスト、志摩が差し出した手を伊吹がしっかり握ったこと、そして伊吹をしっかりと志摩が引き上げたことだけが救いだったように思えます。

ドラマ「MIU404(ミュウ)」第9話のあらすじ

・ドラマ第9話「或る一人の死 衝撃の急展開!! ついにあの男が動き出す」

桔梗(麻生久美子)の自宅に盗聴器が仕掛けられた一件が進展する中、伊吹(綾野剛)、志摩(星野源)らのもとに、虚偽通報事件で逃走中の高校生・成川(鈴鹿央士)が暴力団の関係先に出入りしているという情報が入る。成川を取り逃がしたことに責任を感じていた九重(岡田健史)は捜査を志願し、陣馬(橋本じゅん)と共に成川を捜し出そうとするが…

一方、成川は久住(菅田将暉)の世話になりながら、ナウチューバ―・REC(渡邊圭祐)に接触し、賞金一千万がかけられた羽野麦(黒川智花)の捜索を依頼する。

そんな中、桔梗宅への住居侵入事件の主犯が、エトリと繋がりのある辰井組の組員だったことが分かり、関係各所への一斉ガサ入れが決行される。桔梗はエトリを再び取り逃がすことを恐れ、伊吹、志摩らにエトリにつながる人物を探すように命じるが…

ドラマ「MIU404(ミュウ)」第9話のネタバレ感想

印象に残ったシーン・言葉①『冒頭の車の洗車をするシーン』

前回の悲しい結末から幾日か過ぎた今回。

志摩と伊吹が使っているメロンパン号(機捜車)に落書きをされたことから、二人が洗車をしています。

この回の冒頭は、前回のラスト、伊吹の恩師・蒲郡が逮捕されるシーンで、切ない空気が漂います。

 

伊吹は洗車をしながら、志摩に聞きます。

「俺たちが定年まで刑事をやるとして、誰かを助けた数と助けられなかった数、どっちが多いんだろうな。」

「もしかすると、助けられない方がはるかに多い…。」

それに対する志摩の答えはこうでした。

 

二人がバディを組んだ最初の日の当番明け、伊吹が言った『機捜っていいな。誰かが最悪の事態になる前に止められるんだよ。超良い仕事じゃん。』という言葉。その言葉に感動したのだと。

「この野生のバカと走ったら取り戻せるかもしれない。今まで助け損なった人たちの分も、誰かの未来を良い方にスイッチさせて救えるかもしれない。」

この言葉、ステキな言葉ですよね。

 

志摩と伊吹は、お互いに大切な人の最悪の事態に間に合いませんでした。

その痛みを共有した今、二人は、かつてない絆で結ばれた瞬間なのだろうな、とこのシーンを観ていて思いました。

 

二人が「間に合う。」と言い合うシーンは、お互いに対する誓いでもあるように感じましたし、最初、あんなに気が合わなかった二人がお互いを深く信頼し合うバディへと変わってきた。。。

 

この変化も刑事ドラマの醍醐味ですよね!!

印象に残ったシーン・言葉②『麦がエトリに捕まり、4機捜が麦の救出に動き出すシーン』

桔梗隊長が匿っている羽野麦(黒川智花さん)、ハムちゃんは、エトリという裏社会のブレーンに狙われていて、賞金を賭けられてしまっていました。

それを裏社会に足を踏み入れてしまった成川(鈴鹿央士さん)が知り、薬の売買で知り合った澤部という男と賞金をもらおうと画策します。

 

成川は、普通の高校生だった時(3話)に、偶然、ハムちゃんと桔梗隊長の息子・ゆたかと出会っていたのでした。

成川は、その時のことをきっかけにハムちゃんに近づき、ついには、ハムちゃんを騙してエトリに捕まえさせてしまいます。

 

それをヤクザのガサ入れに入っていた時に、九重と陣馬が気づき、ヤクザの別事務所にやはりガサ入れに入っていた伊吹と志摩にも伝わります。

この時の伊吹、というか綾野剛さんの一瞬の表情の変化がすごいですよね!

 

この情報を伊吹に伝える志摩、星野源さんの怒りを最大限に抑えた表情演技もグッとくるものがあります!

表現は違えど、二人は今度は『間に合う』べく動き出します。

 

澤部という男を捕まえ、ハムちゃん誘拐に成川が一枚噛んでいることを突き止め、そして、ハムちゃんと成川が沈められている場所が井戸であることも掴みます。

そして、伊吹と志摩が到着した井戸のある場所、そこが二人が沈められていた場所でした!!

 

もう、ここまでの展開がハラハラドキドキで心臓が苦しかったですね!!

このシーンで、ハムちゃんは成川にエトリの乗っている車のナンバーを伝えて欲しい、と言っていました。

 

成川はそれを伊吹と志摩に伝えます。

そして、まずは重傷のハムちゃんから救出!!

 

ハムちゃんに脈があると分かると、志摩は叫びます。

「間に合った!!」

 

そして、泣きそうな表情をして伊吹も言うのです。

「間に合った…!!」

 

ハムちゃんを真ん中に挟み、志摩が伊吹を抱き寄せるシーンは涙なくしては観られませんでしたね。。。

成川は力尽きそうでしたが、それを救ったのが、成川を見過ごしてしまった九重。

 

引き上げた成川が自分がハムちゃんを騙してエトリに誘拐させたこと、薬を売ったことを話します。

それを聞き、手錠をかけながら、九重は言います。

「全部、聞く。」

このシーンも泣けますよね。。。

 

九重の成長した姿が見られて親心のように感動してしまいました。

一件落着かと思いきや、ラスト、エトリは久住(菅田将暉さん)が操縦するドローンに仕掛けられていた爆弾によって爆死してしまいます。

いよいよ佳境に入ってきて、来週も見逃せない展開となってきましたね!!

ドラマ「MIU404(ミュウ)」第7話〜第9話の動画見逃し配信!無料視聴する方法!

今回紹介したドラマは「Paravi(パラビ)」を使うことで視聴することが可能です!

Paravi(パラビ)の月額925円(税抜)の見放題ベーシックプランで視聴可能!

このベーシックプランは2週間無料トライアルなので、お試しで無料視聴が可能になります。

配信状況は時期によって変わりますので、見逃し配信で無料視聴できるタイミングを逃さないようにしてくださいね!

>>Paraviの無料トライアルで視聴する方法はこちら

 

本サイトの配信情報は2020年7月10日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはParavi(パラビ)の公式ホームページを確認してくださいね。

あなたの剛毛を綺麗に除毛しモテ肌へ近づく方法とは!?

濃い体毛がうっとおしい!

だけど処理するには時間がかかるし、すぐにまた生えてくる・・・。

そんな時におすすめなのが除毛クリームを使った除毛法。

除毛クリームを使えばなんでもいいと言うわけではありません。

あなたの濃い体毛を綺麗に除毛してくれて、肌に優しいものを選ぶ必要があります。

今は男性でも除毛する時代。

これはあなたの“モテ要素”にも繋がるので、ぜひ綺麗にお手入れをしてくださいね。