ドラマ

MIU404ミュウ動画1話〜3話の無料視聴方法!ドラマネタバレ感想

2020年6月26日よりTBSテレビ系「金曜ドラマ」で放送スタートしたのがテレビドラマ『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)。

このドラマのキャッチコピーは

「タイムリミットは24時間 誰よりも早く犯人にたどり着け」

で、綾野剛さんと星野源さんが主演を務める刑事ドラマです。

  • MIU404の動画の1話〜3話までの無料視聴方法
  • MIU404の見どころ、ネタバレ感想

などをまとめていきます。

※一部、ネタバレを含みますので注意してくださいね!

⇒MIU404(ミュウ)4話〜6話のドラマネタバレ感想

ドラマ「MIU404」第1話〜第3話の動画を見逃したあなたへ!

今回紹介したドラマは「Paravi(パラビ)」を使うことで視聴することが可能です!

Paravi(パラビ)の月額925円(税抜)の見放題ベーシックプランで視聴可能!

このベーシックプランは2週間無料トライアルなので、お試しで無料視聴が可能になります。

配信状況は時期によって変わりますので、見逃し配信で無料視聴できるタイミングを逃さないようにしてくださいね!

>>Paraviの無料トライアルで視聴する方法はこちら

 

本サイトの配信情報は2020年7月10日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはParavi(パラビ)の公式ホームページを確認してくださいね。

ドラマ「MIU404」第1話の動画のあらすじ

・ドラマ第1話「激突 野生刑事VS理性刑事 新バディ誕生! 誰よりも早く犯人を追え!」

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

ドラマ「MIU404」第1話の動画のネタバレ感想

印象に残ったシーン・言葉①『あおり運転の車を追いかけるカーチェイス及び終盤の犯人の車を追いかけるカーチェイスのシーン』

新型コロナウイルスの感染拡大によって4月期のドラマの多くは撮影中止となってしまいました。

ようやく緊急事態宣言が明け、各局、感染防止対策をしながら、ついに4月期ドラマも放送日程が出始めました。

 

『MIU404』もやっと撮影再開され、第一話が放映されました!

4月期ドラマの中で楽しみにしていた作品の一つだったので私もとても嬉しいです!

 

そして、『MIU404』は期待以上でした!

今回は『MIU404』の魅力についてお話ししていきたいと思います!

 

さて、私がまずこのドラマで推したいのは、少なからず昔の刑事ドラマへのリスペクトを感じるシーンがあることです!

前半のあおり運転の車を追いかけるカーチェイスのシーン、そして、終盤の傷害事件の犯人が運転する車を追いかけるカーチェイスのシーンはまさにその代名詞であると思います。

 

どちらも車を追いかけるカーチェイスのシーンなのですが、前半は覆面車を運転しているのが綾野剛さん演じる伊吹藍、終盤は星野源さん演じる志摩一未、という対比もさることながら、そのカーチェイスの迫力です!

一昔前の刑事ドラマ、古くは西部警察、あぶない刑事、刑事貴族などの刑事ドラマでは、迫力満点のカーチェイスも見どころの一つでした。

 

昨今の警察ドラマは現実路線なので、こういう非現実的なシーンはほぼ描かれなくなっています。
そんな中で、『MIU404』は、現実的なシーンも交えつつ、一昔前の刑事ドラマで描かれていた迫力満点のカーチェイスも描かれていて、個人的には昔の刑事ドラマへのリスペクトを感じました!

印象に残ったシーン・言葉②『ラストの志摩と伊吹のシーン』

今回、志摩と伊吹は2つの事件を追いかけています。

一つは、ストーリー前半であおり運転をしていた運転手が何者かに殴打された傷害事件。

 

もう一つは、そのあおり運転の運転手があおり運転をしていた時に、それに驚いて倒れてしまい、そのまま行方不明になってしまった声優の平野文さん演じるおばあちゃんを捜索するというもの。

並行して2つの事件を捜査して、志摩と伊吹は2つとも解決します。

 

傷害事件の犯人を逮捕する時の伊吹の表情と声は、伊吹が抱える何らかの痛みが如実に現れていましたね。

志摩もまた要所要所で、何か過去に薄暗いものがあることを感じさせています。

 

2人が抱える過去の痛みは何なのかも、これから明かされていくのが楽しみですね!

さて、ラスト、傷害事件の犯人を逮捕し、行方不明になっていたおばあちゃんを見つけることもできた志摩と伊吹。

 

おばあちゃんは孫とおもちゃを買いに来て、歩くのが嫌だ、と駄々をこねた孫をお店に待たせて一人でおもちゃを買いに来て、あおり運転の事件に巻き込まれたのでした。

おばあちゃんはおもちゃをなくしてしまったと思い、おもちゃをもう一度買おうと道に迷ってしまったのでした。

 

この孫の役の子が実に演技が上手に調べてみたら、映画『万引き家族』に出ていた子役さんだったようですね。

ラスト、孫が、見つかったおばあちゃんに抱きつき謝ると、おばあちゃんは言います。
「謝ることないよ。何にもないよ。」

 

何か、ホロッとしてしまいましたね。。。

バックに流れている主題歌の米津玄師さんの『感電』がまた笑い合うおばあちゃんとお孫さんの笑顔にマッチしていてグッときました。

 

そのおばあちゃんとお孫さんを見つめる伊吹が初めて言います。

  • 「機捜っていいな。」
  • 「誰かの最悪の事態になる前に止められる。」

そんな伊吹を見て、志摩は伊吹とのコンビを続けようと思うのです。

 

この辺りのコンビの始まりも往年の刑事ドラマを感じませますよね!

このドラマの脚本は、『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』の野木亜紀子さんです。

 

社会的な問題をしっかり描きながら、人間の情感に軸足を置いているストーリー展開はさすが!と唸ります!

さて、第2話は、NHKの朝ドラ『スカーレット』で戸田恵梨香さんの夫役を演じた松下洸平さんがゲストです!

第2話もとっても楽しみですよね!!

ドラマ「MIU404」第2話のあらすじ

・ドラマ第2話「切なる願い 走る人質監禁立てこもり! 犯人の目的は」

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器を持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器を持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

ドラマ「MIU404」第2話のネタバレ感想

印象に残ったシーン・言葉①『冒頭の伊吹と志摩のシーン』

前回の事件でカーチェイスの末、捜査車をスクラップにしてしまった伊吹と志摩はメロンパンのバンで捜査するはめに。

そんな中で、捜査して帰ってきたところ、伊吹は志摩に「謝ってもらいたいことがある。」と言う。

 

それは前回の事件で犯人を確保した時に志摩が伊吹を殴ったこと。

あれは伊吹の方が殴られても仕方ないと思います(笑)。

 

ただ、このシーンで絶妙に前回との繋がりをしっかり見せて、二人がバディを組んで少し経っており、前回よりはフランクな関係になりつつあるのを見せてますね!

お互いの呼び方も、「志摩。」「伊吹。」と呼び捨て合っているところが刑事ドラマ好きの心をくすぐります!

印象に残ったシーン・言葉②『伊吹と志摩が犯人・加々見に立てこもられている車を追うシーン』

今回のゲストは、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』の戸田恵梨香さん演じる川原喜美子の夫役も記憶に新しい松下洸平さんです。

今回の松下さんの役柄は勤務先の社長を殺害してしまった犯人役。

 

その犯人と犯人に脅されて車を運転させられている夫婦の車を偶然パトロール中に見つけた志摩と伊吹は車を追うことにします。

本当に犯人かどうかも分からない中で、勘で追いかけようと言う伊吹の言葉を志摩は半信半疑ながら信じて車を追うことにします。

 

この辺りも、伊吹と志摩の関係性に少し変化が見られるようになったように思います。

第1話の志摩だったらきっと信じなかったでしょう。

 

伊吹に対して

「信じてない。」

と言いつつも、追うことを決めた志摩の心情にどんな変化があったのか。

 

二人の関係性はこれから更にどんな変化が見られるのか楽しみですよね!

印象に残ったシーン・言葉③『クライマックスの伊吹と志摩、犯人・加々見のシーン』

捜査の過程で、加々見は犯人ではないのではないか、と伊吹は仮定しました。

ところが、加々見は勤務先の社長を本当に殺してしまっていたのですね。

 

加々見は子どもの頃に父親に虐待されていた体験があり、半ば家出同然で家を飛び出し、どん底の生活を味わっていました。

そんな中、加々見はパワハラをしていた社長に頭を押さえつけられて脅されたことでトラウマがフラッシュバックして殺してしまったのです。

 

加々見の最終的な目的は父親に自分に対して謝らせ父親を殺して死ぬことでした。

このクライマックスの父親の家に乗り込み、伊吹と志摩に捕まる一連のシーンの松下さんの演技が素晴らしいんです!

 

松下さんの、加々見の父親が亡くなってしまっていたことを聞いた時の絶望した表情、慟哭。。。

観ている視聴者の胸を打ちます。。。

 

伊吹と志摩に確保されパトカーに乗る時に、立てこもっていた車に乗っていた夫婦が加々見に何度も謝るシーン。

「最後まで付き合うって言ったのにごめんな!」

実は、この夫婦は中学生の息子を自殺で亡くしており、その息子の姿を加々見に重ね合わせていました。

 

亡くなった息子に謝りたかった両親と、謝って欲しかった子ども。。。

本当に切ないストーリーですよね。

 

富士山をバックに泣きながら夫婦に頭を下げる加々見は根っこは悪人ではないことがうかがえます。

それでも、伊吹の言葉が全てなんですよね。

「殺したら終わりなんだよ。」

この加々見というキャラクターは松下洸平さんが演じたからこそ生きた役柄だったように思います!

 

切なくて痛くて、でも柔らかい。

そんな素晴らしい演技でした!

ドラマ「MIU404」第3話のあらすじ

・ドラマ第3話「分岐点」

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。

これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。

後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り…。

ドラマ「MIU404」第3話のネタバレ感想

印象に残ったシーン・言葉①『アンナチュラルの刑事、毛利刑事と向島刑事が登場したシーン』

今回の第3話は話題性が盛りだくさん!

その話題のひとつがアンナチュラルとのコラボ!

 

アンナチュラルの凸凹刑事、毛利刑事と向島刑事、そして西武蔵野署の登場です!

冒頭の登場シーンからおとぼけコンビでアンナチュラルの世界観が展開されます(笑)。

 

また、この時のバックミュージックがアンナチュラルのもの!

そして、何か閃いた時によく鳴っていたコインの音も健在です!!

これだけでも胸熱ですよね!

 

私はアンナチュラルも大好きで観ていたので、MIU404の世界がアンナチュラルの世界と繋がっているというだけ本当に楽しかったですね。。。

MIU404の世界の中でも、UDIラボで、ミコトや六郎、中堂や東海林や坂本、神倉がいるんだなーと想像するとたまりませんね!!

こんなご褒美があるなんて最高です!

印象に残ったシーン・言葉②『今回のいたずら通報の犯人の一人が鈴鹿央士くん』

今回はある高校の廃部になった陸上部の選手たちがいたずら通報をしていました。

警察が駆けつけたらリレーをして攪乱することで、廃部になって大会に出られなくなった自分たちの憂さを晴らしていました。

その面々の一人が鈴鹿央士くんです。

 

鈴鹿くんは映画『蜜蜂と遠雷』や私も大好きなドラマ『おっさんずラブ=in the sky=』に出演しているのですが、まだ未成年ながら演技派です。

私は『おっさんずラブ=in the sky=』で演じていた整備部の道端役が印象的だったのですが、この時の役柄はちょっとおとぼけで天然なキャラクターでした。

 

今回の役柄は、裏に秘めた痛みや苦しみといったものを表現する役柄で、真逆と言っていい役柄です。

彼が演技派だな、と思うのは、演技の振り幅がかなりある部分です。

 

特にMIU404で演じている役は、今後のストーリーにも絡んでくるキャラクターだそうです。

鈴鹿くんが演じている成川は、第3話のラストで姿を消すのですが、あるトップシークレットゲストとの因縁もありそうで、目が離せません!!

印象に残ったシーン・言葉③『シークレットゲストとトップシークレットゲストの登場』

シークレットゲストは、元々、西武蔵野署が追っていた婦女暴行犯役で岡崎体育さんが出演していたことです!

岡崎さんはアーティストですが、この変態な役柄がなかなか真に迫っていました(笑)。

 

スタンガンを2つも持っていることもなかなかの気持ち悪さで演出されていましたね(笑)。

ラスト、志摩と伊吹に捕まりますが、それも工場の中の水が張られている水槽みたいなところに落ちて捕まるという間抜けさで思わず大笑いしてしまいました!

 

そしてそして!

クライマックスもクライマックス、ついにベールを脱いだのが菅田将暉くんです!

岡崎体育さんの出演も驚きましたが、菅田くんの出演もびっくり!

「え!菅田くん!?」

思わずテレビに向かってしゃべってしまったほどです(笑)。

 

菅田くんは陸上部が廃部になった原因である、ドラッグ『ドーナツEP』を大量に持ち歩いていて逃避行している成川に声をかけます。

これは、いかにも危ない男の役です。

危ないだけでなく、かなり気持ち悪い危うさを感じましたね!

 

成川が純粋で脆そうなキャラクターだからこそ、そういった人物をあの笑顔と優しい言葉で取り込む感じが胸をざわざわさせます。

菅田くんも今後のMIU404に絡んでくるキャラクターということで、成川ともども、どんな風に第4機捜の面々と絡んでくるのか楽しみですよね!!

ドラマ「MIU404」第1話の動画見逃し配信!無料視聴する方法!

今回紹介したドラマは「Paravi(パラビ)」を使うことで視聴することが可能です!

Paravi(パラビ)の月額925円(税抜)の見放題ベーシックプランで視聴可能!

このベーシックプランは2週間無料トライアルなので、お試しで無料視聴が可能になります。

配信状況は時期によって変わりますので、見逃し配信で無料視聴できるタイミングを逃さないようにしてくださいね!

>>Paraviの無料トライアルで視聴する方法はこちら

 

本サイトの配信情報は2020年7月10日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはParavi(パラビ)の公式ホームページを確認してくださいね。

ドラマや映画や映画の動画が無料視聴できる!?

毎月定額で映画やテレビドラマ、アニメなどを見放題で視聴可能な動画配信サービスが人気で注目を集めています。

ただ、種類が多すぎて、「どの動画配信サービスを利用すればいいかわからない!」と思っちゃいますよね。

そこで、おすすめの動画配信サービスを比較し、無料で視聴可能な方法もセットでお伝えしていきます♪