ドラマ

キャリア掟破り警察署長9話ネタバレ感想!見逃しドラマあらすじ

ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」がスタートしましたね!

キャリア〜掟破りの警察署長〜の主人公は現代の遠山の金さんこと遠山金志郎!

この遠山金志郎の役を玉木宏さんが演じています。

見た目は遠山の金さんとは程遠いキャラですが、4話はどんなストーリーになっていくか楽しみですね!

今回は、

  • ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」の動画のあらすじネタバレ感想
  • ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」の印象に残った言葉・シーン

などをまとめていきます。

※ネタバレを含みますので注意してくださいね!

キャリア掟破り警察署長の動画1話〜最終回フル無料視聴!現代版の遠山の金さん!?ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」がスタートしましたね! キャリア〜掟破りの警察署長〜の主人公は現代の遠山の金さんこと遠山金志...

ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」第9話のあらすじ

・ドラマ第9話「暴かれる真実の代償」

金志郎(玉木宏)は、美容師の沙織(黒川芽以)がストーカー被害に遭っていることを知る。北町署刑事課を訪れた沙織は、元恋人の岡崎(中村倫也)から付きまとわれている、と松本(白洲迅)に相談した。別れ話に納得しなかった岡崎から離れるため、職場も変えてこの町に引っ越してきた沙織の前に、突然彼が現れたのだという。

沙織は、ゴミが荒らされるなどの不審な出来事があったことも訴えた。しかし松本は、明確な被害がなければ警察は動けない、と返すしかなく…。

岡崎が、婚約者だと名乗って勤め先の美容室にも現れたことを知った沙織は、再び北町署を訪れる。だが、それでも警察が動いてくれないことを知り、諦めて帰ろうとする沙織。金志郎は、彼女を追いかけ、何かあれば連絡してほしい、と刑事課の直通電話番号を伝える。

そんな中、再び岡崎からの電話を受けた沙織は、刑事課に連絡する。が、電話に出た松本は、連行されてきた無銭飲食犯が暴れだしたこともあって、あとで連絡する、といって沙織からの電話を切ってしまう。

すると、沙織の勤務先に岡崎が現れ、逃げようとした沙織が転倒してけがを負うという事件が起きる。それを知った金志郎は、沙織を訪ねて謝罪すると「市民からのSOSにきちんと応じていれば未然に防げた」と言って松本に自宅謹慎を命じる。金志郎は、実里(瀧本美織)に沙織の警護を頼むが…。

⇒キャリア掟破り警察署長最終回(10話)ネタバレ感想!見逃しドラマあらすじ

ドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』第9話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン①

印象に残ったシーン・言葉①『冒頭のストーカー犯役の中村倫也くん登場シーン』

8話は、前回までの周平が撃たれた真実を追うというストーリーとストーカー被害に遭っている女性の救うというストーリーが並行して進行していきます。

冒頭は、そのストーカー被害に遭っている美容師の沙織がスポーツジムでトレーニングをしていると、その元恋人でストーカーとなってしまった中村倫也くん演じる岡崎がそのスポーツジムを突き止めて電話してくるシーンから始まります。

中村倫也くんと言えば、今でこそ、様々な映画やドラマの主演をしているイメージですが、数年前のドラマでは、こんな端役もやっていたのですね!

ちなみに、私の中村倫也くんのお気に入りのキャラクターは、ダイワハウスの上野樹里ちゃんの旦那さん役です(笑)

今回は、そのほんわかなキャラクターとは打って変わって、気持ち悪いくらい不気味な役ですね!

ドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』第9話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン②

印象に残ったシーン・言葉②『金志郎が松本に自宅謹慎を言い渡すシーン』

沙織のストーカーの相談は、最初から刑事課の松本が受けていました。

ただ、沙織からの相談は実害がないために動きがようがなく、話しを聞くだけに終わっていました。

それに対し、金志郎は『実害が出てからでは遅い。』と松本に話します。

それを伝えられていたのにも関わらず、松本は、再び、電話で相談をしてきた沙織にきちんと対応せず、沙織は、岡崎が店にきたことで負傷してしまいます。

これには、松本の表情も曇ります。

金志郎は沙織に謝罪し、『市民からのSOSにきちんと応じていれば未然に防げた』と松本に自宅謹慎を言い渡します。

近年、ストーカー事件は本当に多いですよね。

他者との付き合い方、距離感の持ち方、そういったものが希薄であるが故なのか、それとも、個々人が自分の存在というものを認めるという意識が難しくなっているせいなのか。。。

承認欲求が行き過ぎると、このようなことになっていくように思うのですが、岡崎も、また心の中に欠けている何かがあるのかもしれません。

ただ、警察には、本当に何かあってからでは遅い!と言いたいですよね。

究極、死ぬような目に遭わなければ動いてもらえないなんて、本来の警察のあり方ではないですよね!

SOSが出た時点で動いてくれる、そんな心ある警察官が増えて欲しい、と心から願わずにいられません。

ドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』第9話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン③

印象に残ったシーン・言葉③『沙織と岡崎のクライマックスのシーン』

沙織は、岡崎から、付き合っていた時に一緒に撮った写真をネタに呼び出されます。

沙織は、自分をかくまってくれた実里や金志郎から勇気をもらい、決着をつけようとしたのです。

ところが、岡崎は復縁を迫り、拒む沙織を殺そうとします。

そこに、松本と金志郎が間一髪助けに入ります!!

この時の松本と金志郎はカッコ良かったですね!

特に二人で岡崎を逮捕するシーンは胸が熱くなりました!

実は、松本は自宅謹慎を言い渡されていましたが、その裏で、金志郎から、岡崎の行確を指示されていたんです。

これも、またグッときましたね!

金志郎はただ松本に罰を与えたのではなく、沙織を守るため、そして松本自身に市民の力になることを学ばせるために、こういった形にしたわけです。

この対応には、金志郎の暖かい人柄と、仲間を信じるという強い意志が感じられますよね!

ドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』第9話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン④

印象に残ったシーン・言葉④『南が周平を撃った真犯人・桐島と対峙し撃たれてしまうシーン』

これは、9話のクライマックスのクライマックスですね。

冒頭、8話のオレオレ詐欺の被害者・吾郎の息子である亮平から周平を撃った真犯人の特徴が首に三日月の形をしたアザがあることを聞いた南と金志郎。

南は、その人物が、元警視総監の息子である中村俊介さん演じる桐島であることを突き止めます。

実里とともに桐島の店を訪れた南は、実里には近隣の聞き込みをしてくるように指示します。

その間、桐島は自分が経営している店から出てきます。

南は桐島の後を追いかけ、桐島を逮捕しようとしますが、逆に桐島に撃たれてしまいます。。。

実里は銃声を聞きつけて駆けつけますが、南は意識を失って倒れています。

実里の悲痛な声に胸がつぶれそうなシーンでしたね。。。

またも警察官が傷つかなければならなくなったこと。。。それを招いているのが警察自身であること。。。

こんなことはあってはならない!と怒りで苦しくなるほどでした。

次回は、ついに最終回。

絶望的な状況の中、どんな巻き返しが観られるのか!

楽しみですね!

⇒キャリア掟破り警察署長の動画1話〜最終回フル無料視聴!現代版の遠山の金さん!?

あなたの剛毛を綺麗に除毛しモテ肌へ近づく方法とは!?

濃い体毛がうっとおしい!

だけど処理するには時間がかかるし、すぐにまた生えてくる・・・。

そんな時におすすめなのが除毛クリームを使った除毛法。

除毛クリームを使えばなんでもいいと言うわけではありません。

あなたの濃い体毛を綺麗に除毛してくれて、肌に優しいものを選ぶ必要があります。

今は男性でも除毛する時代。

これはあなたの“モテ要素”にも繋がるので、ぜひ綺麗にお手入れをしてくださいね。