ドラマ

コンフィデンスマンJP6話ネタバレ感想!見逃しドラマあらすじ

ドラマ「コンフィデンスマンJP」がスタートしましたね!

2018年4月9日に放送が開始された月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』。

このドラマには、長澤まさみ演じるダー子がいろんな人物に扮装し、信用詐欺師として東出昌大さんが演じるボクちゃん、小日向文世さん演じるリチャード。

この3人がメインに人々を華麗に欺いていくドラマです!

いろんな意味で注目度のあるドラマですね。笑

そこで今回は、

  • ドラマ「コンフィデンスマンJP」の動画のあらすじネタバレ感想
  • ドラマ「コンフィデンスマンJP」の印象に残った言葉・シーン

などをまとめていきます。

※ネタバレを含みますので注意してくださいね!

コンフィデンスマンJP動画1話〜最終回ドラマ無料視聴!出演者がヤバイ!ドラマ「コンフィデンスマンJP」シリーズは、コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子、ボクちゃん、リチャードの三人が、欲望しかないような...

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第6話のあらすじ

・ドラマ第6話「古代遺跡編 強欲非道のエリートから故郷を守れ」

自転車で一人旅をしていたボクちゃん(東出昌大)は、山間にある十色村を訪れる。そこでボクちゃんは、川辺守夫(野添義弘)・美代(長野里美)夫妻が切り盛りするラーメン店の素朴な味に魅了される。夫妻は、この村に特産品を使った商品などを販売する「ふるさとふれあいモール」が出来ることを喜んでいた。

ところがその2年後、再び村を訪れたボクちゃんは、ふれあいモールの建設計画がいつの間にか産業廃棄物処理場の建設計画に変わっていることを知る。このプロジェクトを手がけていたのは、地方再生や町おこしを得意とするアメリカ帰りのコンサルタント・斑井満(内村光良)だった。斑井は、町おこしのプロジェクトを持ちかけてタダ同然の金額で土地を買い付けると、プロジェクトを頓挫させて、知り合いの産廃処理会社に土地を転売していた。

ボクちゃんは、ダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に、産廃処理場の建設工事を止める手助けを頼んだ。ダー子は、産廃処理場の方が役に立つ、といって金にもならない話には乗らなかったが、工事を止めるだけならその土地から土器や土偶といった、遺跡があった証拠が出てくればいい、と助言する。

リチャード自慢のコレクションから縄文土器を借りたボクちゃんは、建設現場のアルバイトに扮して潜入し、現場で土器を見つけたと報告する。すると斑井は、いきなりその土器を地面に叩きつけて粉々に壊してしまう。

ボクちゃんを手伝うことにしたダー子は、五十嵐(小手伸也)に斑井の情報収集を依頼。彼の父親・万吉が、家族を顧みずに遺跡発掘に明け暮れ、奇説を唱えては変人扱いされていたアマチュアの考古学研究者だったことを知り……

⇒コンフィデンスマンJP5話ネタバレ感想!見逃しドラマあらすじ

⇒コンフィデンスマンJP7話ネタバレ感想!見逃しドラマあらすじ

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第6話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン①

印象に残ったシーン・言葉①『ダー子、リチャード、ボクちゃんの3人で本気で土器を作っているシーン』

今回のダー子たちのターゲットは、斑井満という人物。

ボクちゃんが一人で自転車旅をしていた時に出会った夫婦がいます。

 

その夫婦がラーメン屋を営んでいたのが十色村という村なんですが、ここに産業廃棄物処理場計画を進めていたのがコンサルタントの斑井満です。

演じているのは内村光良さん!

ボクちゃんはその産業廃棄物計画を白紙に戻させようとして、ダー子やリチャードに協力を求めます。

 

2人から「遺跡でも出れば中止にせざるを得なくなるのでは?」と言われて、その気になったボクちゃんは、斑井を落とすべくダー子やリチャード、五十嵐とともに、作戦を始めます。

その中で、3人は自分たちで遺跡を作ることにして、遺跡作りを始めるのですが、これが本格的で面白いんですよね(笑)。

 

しかも、その土器の出来は、素人目には本当にそれっぽくできています!

これまでの話しでもそうでしたが、3人はやると決めたら、何でも真剣に全力で打ち込むんですよね(笑)。

 

もちろん、そこには、お金を手に入れることやターゲットを落とす目的があるんですが、一つ一つの作戦に本気で打ち込むからこそ、嘘から出た誠のようになるのが面白いな、と思います。

3人が土器を作っているシーンも土をこねて形を作って焼いて、と陶芸家のごとく全ての工程を自分たちでやっているのがおかしかったですよね(笑)。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第6話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン②

印象に残ったシーン・言葉②『斑井が土を掘っているシーン』

ダー子は遺跡マニアに扮して、自分の父親が追いかけ続けた遺跡を自分も追いかけ続けていることを斑井に話します。

斑井もまた父親が考古学者であり、奇人扱いされて亡くなっていました。

 

斑井は、そんな父親への憧憬が心のどこかに残っていて、同じような境遇のダー子が現れたことで激しく心を揺さぶられます。

ダー子だけでなく、遺跡マニアが次から次へと訪れて、目を輝かせながら土を掘る姿も斑井には眩しく映ったのでしょう。

 

斑井は、スコップを手にして遺跡を掘りに行きます。

このシーンは内村さんの演技力が光ったシーンでしたね!

 

それまで、この斑井は、とにかく苦虫を潰したような目の奥に暗いものを持っているような表情でたたずんでいることが多かったのです。

それが、この土を掘るシーンは目をキラキラさせながら一心不乱に土を掘っていました。

 

この表情の使い分けに、私は思わず唸ってしまいました。

さすが内村さんですよね!

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第6話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン③

印象に残ったシーン・言葉③『クライマックスのその後の斑井のシーン』

斑井が産廃処理場にしようと考えていたところの遺跡はダー子たちが作ったフェイクでした。

それをバラしたのは、斑井を始め、遺跡マニア、救いたかったラーメン屋の夫婦を欺いていることに耐えられなくなったボクちゃんが本物の考古学者にリークしたことがきっかけでした。

 

しかし、斑井は、その土地の産廃処理場計画は進めたものの、その後、自分の会社を売って、遺跡マニアに扮したダー子が買った山を買い取り、遺跡探しを始めます。

その時の斑井は子どもの頃、父と一緒に夢中になって探したあの頃の表情に戻っていました。

 

そして、それは、そのままあの頃の父の表情でした。

ダー子は斑井は『探し続ける人生に幸せを感じた』のだと言いました。

本当は斑井が歩みたいと思っていた人生だったのでしょうね。

 

ダー子は1億で山を買っていて、斑井に3億で売ったので2億の儲けです(笑)。

この辺りは、ダー子たちは抜け目がないですよね!

⇒ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話〜最終回の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマや映画や映画の動画が無料視聴できる!?

毎月定額で映画やテレビドラマ、アニメなどを見放題で視聴可能な動画配信サービスが人気で注目を集めています。

ただ、種類が多すぎて、「どの動画配信サービスを利用すればいいかわからない!」と思っちゃいますよね。

そこで、おすすめの動画配信サービスを比較し、無料で視聴可能な方法もセットでお伝えしていきます♪