ニュース

警察無線販売の元警部補は誰?名前や顔画像は?傍受やネット流出で逮捕!

管理人ルー
管理人ルー
警察無線を販売した元警部補って、、、

警視庁の警察無線でのやり取りとみられる音声をYoutube(ユーチューブ)に公開された事件ですが、この音声のネタ元が山梨県警の50代の元男性警部補だったことが発覚しました。

このYoutubeに投稿した男性2人はすでに書類送検されているのですが、この元警部補は逮捕されないんでしょうか。

そこで今回は、警察無線販売の元警部補は誰か名前や顔画像などを調べて見ました!

Youtube公開の警察無線を元山梨県警警部補が傍受・販売

警視庁の警察無線でのやり取りとみられる音声が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された事件で、音声は山梨県警の50代の元男性警部補=山梨県=が現職当時に実際のやり取りを傍受し、知人に売った録音データだったことが捜査関係者への取材でわかった。

録音データはパート従業員男性(41)=静岡県=に譲渡され、この男性から購入したアルバイト男性(49)=岩手県=が投稿したという。警視庁は23日、2人を無線通信の秘密を漏らしたとする電波法違反容疑で書類送検し、発表した。

保安課などによると、元警部補は2009年8月、東京都八王子市内で職場の専用機器を使い、ひき逃げ事故をめぐるやり取りなど約8時間分を傍受。録音して知人の50代の自営業男性=兵庫県=に売ったという。捜査関係者によると、捜査1課の所属だった12年に転売目的で職場の備品を盗んだとして窃盗容疑で逮捕され、懲戒免職になったという。

パート従業員男性は昨年9月、自営業男性から入手した録音データをアプリで販売し、購入したアルバイト男性は昨年11月、ユーチューブに投稿した疑いがある。元警部補と自営業男性は公訴時効(3年)が成立しているという。

元警部補って時効が成立してるんだ、、、

警察無線を傍受・販売の元警部補は誰?名前や顔画像は?

警察無線を傍受・販売した元警部補の男性なんですが、顔や名前の公表はされていませんでした。

すでに時効が成立しているので、名前や顔画像の公表はない可能性が高いですが、問題が大きくなれば新たに立件され名前の公開などはあるかもしれませんね!

警察無線を傍受・販売の元警部補に関する口コミ

バカねぇ。そういうのはアングラでこっそりやりなさい。お前らみたいなのが居るから、アナログがどんどん聞こえなくなる
警察無線は可聴音
ポン人無線は超音波
売り物にならないが
我が民に拷問を繰り返す!
最近はデジタル無線だから警察無線は簡単に聞けないもんな。
傍受すること自体は電波管理法で規制しないけど、公開するのはまずいというか違反だな。
前に、YouTubeに投稿されているというニュースを見て、気にはなっていた。
警察のデジタル無線が解析されたおそれを心配していたが、警官(当時)が警察の受令機から録音していた。
デジタル無線ってどうやって傍受するんだろうと思って見てみたんだけど、ほぼ内部犯行的なものなのね。
なるほどそんな流出経路だったのね。
これ、どう考えても元警察官の方が悪いでしょ